カテゴリー別アーカイブ: 日記

福岡で大雪、筑豊本線の冷水峠越区間運休

 福岡県では朝からずっと雪が降り続き、自宅前の道路も16:00から17:00までの1時間のうちに、あっという間に白く覆われてしまった。そして道路交通情報では近所の高速道路が軒並み通行止めになってしまっていると案内されている。21:00現在、最寄りの鳥栖ジャンクションから北の九州道は太宰府(上り)・福岡(下り)まで、南は広川まで、東の大分道ははるか先の別府まで、西の長崎道は武雄北方まで通行止め。国道3・34・500号線や県道17・31号線(福岡県側と佐賀県側の双方)が恐ろしいことになってそうな気がするが、いずれも遠く離れているので現況は不明。

 さて、今のところ鉄道の運休情報は1件だけ。

 筑前内野駅~筑前山家駅間で倒竹により桂川駅~原田駅間で上下列車の運転を見合せています。現在、関係社員により伐採作業を行っています。筑豊本線、桂川駅~原田駅間は上下列車の運転を見合せています。今後の情報に注意して下さい。(2010/12/26 21:00現在)

 筑豊本線の桂川~原田間、通称原田線が運休している。原因は積雪ではなく、なんぞが倒れているらしいのだが、倒「木」ではなく倒「竹」。状況を正しく表現している言葉だが、倒竹なんて言葉は初耳である。しかも復旧作業は倒れた竹の撤去とはいっても、ただどかすだけではなく伐採。ちなみにこの情報は14:00頃に掲載された。すでに7時間にわたって伐採作業を行っていることになる。21:38に最終列車、原田発桂川行普通6634Dが出るのだが、もう今日の運転は無理そうである。

 途中駅までの折り返し運転ができない理由は、ここの信号システムに関わるもので、桂川~原田間が途中に閉塞信号機しか建っていない単線自動閉塞式となっているためである。強引に途中で折り返すためには、イレギュラーな取扱いを行う必要があり、それだけ操作ミスによる事故リスクが高まる。まあ、全区間に途切れることなく軌道回路が設置されているため、在線検知ミスが起こる可能性は非常に低い。需要が少ないとわざわざ行う手間をかけないのだろう。

市立図書館へ by 自転車

 今日、12月25日は今年何十回目かの借りた本の返却日。僕はキリスト教を信仰しているわけではないので「イエス・キリストの誕生日? ふーん、すごいね」で終わり。また、わざわざ天神・博多の繁華街に飛び込んでいくような真似もしない。普段から通学時に通過している場所なんだから、こういう週末には普段なかなか行かないような人に列車のスペースと街のスペースを譲ろうではないか――なんてことは考えなかった。図書館から、リクエストしていた5冊の本のうち、前回の残り3冊も準備ができたので年末年始の休館日に入る前に取りに来いとお呼びがかかったので、いそいそとそちらに出かけた次第。
 出かける準備をしたものの、昼食と夕食の買い物をしに出かけた親を待って昼食にしていたら、コミュニティバスをタッチの差で逃してしまった。ならば、ついでに国道500号線沿いに見つけていた公衆電話を調べに行くことにして、自転車で家を出発した。
 強い横風に煽られながらも、20分を掛けて小郡市立図書館にたどり着き、カチカチに凍った手を温める。うっかりいつもの癖で手袋なしで出てきてしまった。図書館に来ている人はいつも通りの数くらいで、強いて言えば小さい子の数が心持ち少ない。その点ではいつもより静かさが保たれている。
 リクエストした本3冊に加えて、がさごそと適当に7冊を借りる。12月28日(火)から1月4日(火)まで休館になるため、その分貸出期間が延長される。今日借りた本を返す期限は、通常より8日先の1月16日(日)。この延長は嬉しくもあり、少々もどかしくもある。つまり、他の人に借りられている本が戻ってくるのが遅くなる。今回借りたシリーズ物のうち、僕が借りた巻より先の巻が、全て別の人に数日前に借りられているので、余計にもどかしい。読み終わったら早々に返却ポストにでも入れてくれることを願う。
 15:10から16:00まで図書館に滞在した後、公衆電話の調査に向かう。経路は市立図書館→国道500号→県境を越えて佐賀県鳥栖市幡崎町、幡崎バス停で折り返し→自衛隊入口交差点から北上→小郡駐屯地の南側→大保駅→県道88号バイパス→自宅。この区間の半分以上において歩道が整備されていないか、やたらと幅が狭い。車を避けつつ公衆電話の調査と撮影をして帰宅。かなりの速さで自転車を漕いだため、家に着いた時にはしっかり汗をかいていた。

帰宅日記

 水曜日の午前中に頼んでいた、リバーサルフィルムの現像の仕上がりが今日の17時なので、早速取りに行く。クリエイト福岡営業所の窓口は、平日の9:00~18:00にしか開いていないため、今日を逃すと次は火曜日まで取りに行けない。後期の授業が始まってからずっと、最初は九大祭の準備のため、祭の後もそのまま何とはなしに鉄研の部室に行くのが常態化していたので、16時台に帰るのは久しぶりである。

 4限の授業が早く終わったので九大工学部前バス停まで歩き、16:30発の横浜西経由のバスで出発。同発の西鉄バスと並んで走り、九州大学交差点から学園通りに出る信号で、先行の西鉄バスと1サイクル分の間が空いたのだが、こちらの昭和バスの驚くべきカッ飛びにより、あっという間に追いついてしまった。後ろにぴったりとくっついているこちらに配慮してくれたのか、西鉄バスの初老の運転士氏はハザードランプをつけて減速し、先行させてくれた。当の昭和バスの運転士氏(こちらも初老)は「なんで譲ったんかなあ?」とばかりに首をかしげながらも加速、一礼して猛然と走らせる。爆走のおかげで、九大学研都市16:49発の福岡空港行普通480Cに間に合った。

 480Cは1000系第1編成での運行で、車内は帰宅する人や街に出かける人、これから旅行に出るのか、大きなスーツケースを1つ持った夫婦と子供4人連れの家族の姿も見かけた。今日はいつもの下車駅である天神を1駅通り越して、中洲川端まで行く。天神では乗ってくる人が多くてこのままでは降りられそうにないので、座席を立って扉のそばに陣取る。17:16、中洲川端着。

 中洲川端駅の7番出口から地上に出て、博多座の横を通る裏路地を北に歩き、5分ほどでクリエイトに到着。リバーサルフィルム36枚撮り、ノーマル現像・スリーブ仕上げで739円。ヨドバシカメラ経由で頼むより111円安くなった。

 昭和通り経由で天神に戻り、いつもの4割増で賑わっているジュンク堂書店に立ち寄る。人が多いので早々に退散し、これまた人の洪水となっている天神地下街を横断して福岡(天神)駅に向かい、18:08発の柳川行普通1181列車(6050形6055編成)で帰宅。乗客の半分以上が、クリスマスにちなんだ包みを持っているのがクリスマスイブらしいと感じた。ケーキだったり、プレゼントだったり。日本のクリスマスはキリスト教の祭典ではなくて、経済教(拝金教……は言い過ぎか?)商売派の祭典と言ってもいいかもしれない。別に批判はしない。

登校日記

三国が丘→福岡(天神)

 今日、水曜日は遅く出ていい日だが、立ち寄る場所があるため早めに出発。家の周りには若干濃い目の霧がかかっており、三国が丘駅には霧のため5分程度の遅延が発生している旨掲示があった。9:51、急行G092列車が4分延で通過。

 僕が乗る福岡(天神)行普通2090列車(所定9:52発)は4分遅れの9:56に発車。三国が丘より北ではほとんど霧はかかっていない。この列車は1分ほど遅れを回復して、10:09に二日市5番線に到着。

 所定ダイヤではすでに特急A090列車が二日市に到着しているはずだが、ただいま7分遅れで三国が丘を通過中。二日市から折り返し始発福岡(天神)行普通5100列車となるべき編成(8000形8061編成?)を入換によって5番線に据え付ける必要があったため、2090列車がA090を待たずに春日原まで先行。10:11、所定より1分遅れて発車した。

 特急A090列車(5000形5136編成+51xx編成)は7分遅れで二日市を10:16に発車。線区最高速度の110km/hで急ぎ北上する。白木原で先行の2090列車に当たって減速信号、注意信号を受けつつ走り、春日原の場内が開通するのと同時に一気に110km/hまで再加速。2090列車を待たせて春日原を力行しながら通過。普通は雑餉隈手前の90km/h制限がかかるカーブにブレーキなしで進入するために流すところを全力疾走したため、カーブ手前で強いブレーキを必要とした。大橋では4094列車を所定ダイヤ通り待たせたまま通過。これで4094列車はさらに遅れが拡大したが、この列車を先発させたら福岡(天神)で詰んでしまうため仕方がない。福岡(天神)には7分遅れのまま10:29に到着。慌ただしく乗客を降ろし、所定の折り返し列車・筑紫行普通4103列車(所定10:25発)として7分遅れで下っていった。10:32には太宰府行普通8103列車があったのだが、こちらは始発から遅れることになった。ちなみに4103列車は本来なら大橋で特急A103列車に追い越されるが、すでにA103列車は先に定時で出発しているため、この列車は二日市まで追い越しなしとなった。

天神→プロラボクリエイト→天神

 福岡(天神)から15分ほど歩いて博多区古門戸町にある富士フイルム系列のプロラボ、クリエイトの福岡営業所を初訪問。いつもはヨドバシカメラ経由で依頼しているリバーサルフィルムの現像を直接注文する。昭和通りから少し入ったところにあるが、通りから看板が見えるので探し出すのは容易だった。仕上がりは24日(金)の17:00。間に祝日が挟まって休業になるため時間がかかる。ヨドバシカメラ・ビックカメラの窓口から注文したらここまでの往復回送に要する時間で最長1~2日追加。つまり、受け取りまでの時間は短縮でき、中間マージンの分だけ安くなる。問題があるとすれば、窓口が空いているのが平日の9:00~18:00に限られているため、土日祝に出かけたついでに受け取るという方法が使えないこと。

 僕と入れ替わりくらいに初老の方が見え、名前や連絡先を告げずに颯爽と注文していった。この方みたいにいずれ顔なじみになれるくらい利用したいなあと思いつつ、帰りは裏路地を縫って天神に戻る。クリエイトへの行きがけに降りだした雨は弱まってきていた。いつも通りのジュンク堂書店に入り、いつものように立ち読みコース。

天神→九大伊都キャンパス

 天神11:42発、筑前前原行普通459Cは2000系第24編成での運行だった。天神から乗ったときには先頭車が混んでいたが、1駅目の赤坂でまとまって下車があり、姪浜到着時にはすっかりいつも通りのガラガラ加減に戻っていた。九大学研都市からは12:10発、横浜西経由の九大工学部前行に乗る。ちょうど通りかかったときに北原東口の交差点が青信号だったのだが、右折レーンに巨大な重機が右折待ちをしていたためにその横をすり抜けることができなかった。1回信号を待った後も、その重機が曲がり切るまでは側方間隔が取れないため直進できず、危うく信号2回待ちになるところで突き抜けた。今日は途中バス停での乗降はなく、12:27に九大ビッグオレンジ前に到着した。

登校日記

 いつの間にやら1年の終わりが直ぐ目の前に迫ってきていた。今日が月曜日に大学に行く最後の日……になればよかったのだが、今年は官庁御用納めの27日まできっちり授業日程が組まれている。27日の中国語2については、進度調整も兼ねて休講になったのだが、他の授業がある以上、10:10から14:50まで4時間40分にわたる待ち時間が発生するだけになる。大学の先生達だってこんな日まで授業なんぞやりたくないはずだが、うかつに休みにしていると霞が関の方角から「15回……」「補助金……」という囁きが聞こえてくるのだろう。国立大学法人であるだけそのへんは授業最終週の教場試験制度を猛活用して適当にごまかせるだけまだましである。大学によっては前後期各15回の講義を確保するために祝日を潰したことがあると聞いたのは何回か前の中国語2の授業。

 閑話休題。今日も相変わらず三国が丘6:41発の福岡(天神)行普通J062列車で出発。駅でちょうど久し振りに共に通学する友人に出会った。そういえばここ1か月ほど全然姿を見ていなかったと思っていたら、最近は朝なかなか起きられなくて、この列車の1本後、6:57発の2060列車から筑紫で始発急行J070列車に乗り換えるルートで大学に行っていたらしい。J062列車の充当編成は3000形3002編成+3103編成。ここのところ毎週のようにこの列車で押しつぶされていたので、今日も乗ってくる人はいっぱいいるだろうなあ、と思っていたが、福岡(天神)方から2両目中央扉付近では、幸いにもそれほど乗ってくることもなく、むしろ薬院で大量に下車してくれてゆったりとした空間が生まれた。

 福岡(天神)で、伊都キャンパスまで西鉄バスに乗る友人と別れ、地下鉄天神へ。今日の筑前前原行普通433Cは1000系第18編成での運行だった。九大学研都市で昭和バスに乗り換え、今日もいつも通り8:10に九大ビッグオレンジ前に到着。

1日じゅう引きこもり(n+1回目)

 3週連続で、日曜日は引きこもり。今日は土曜日にあった鉄研の小旅行と忘年会の反動。先週のn回目と今日のn+1回目を用いれば数学的帰納法によりすべての自然数nについて成り立つことが分かる――果たして何が成り立つのやら。そもそも1回目を仮定していないので、この証明は、基礎をそっくりそのまま抜いて建物だけ建てたようなもの。

 ……とまあ、数学が苦手なのに数学めいた戯言を述べてみただけ無駄ではある。今日の活動は、昨日畳の入れ替えが完了した自室に、座敷に追い出していた本やらガラクタやらを再び運びこむこと。清々しい藺草の香りを吸い込むと、いっそこのまま座敷においたものを全部放り出してしまおうかとも思ったが、本だけは絶対に捨てないことにしているので、ひとまずそれだけ運びこむ。運びだす前は机の下に4つの山になって積み上げてあった文庫本70冊近くについて、本棚からガラクタを追放して本来の本棚としての仕事をさせることによって無事に収納完了。これであと100冊は納められる。ガラクタは取り敢えず祖母宅からもらってきた三輪素麺の箱に詰め込んでおく。

 あまり片付けばかりにもかかずりあってはいられず、英語の宿題にも手をつけるが進まない。何とか授業で使えそうなものができたときには、すでに日付が変わって1時間が経過していた。

帰宅日記・福岡都心ウォーキング(10)【大濠公園→昭和通り→天神→蔵本→博多駅】

 毎週木曜日は散歩の日。今日が年内最後のウォーキングの予定。今日は13:57に中国語2の授業が終わったので、山の上こと九大工学部前バス停まで歩く。13:55にバスが出た後は、14:12まで間があくのでついでに運動。10分近くも寒風吹きすさぶバス停で待つ気はない。今日の午前中には初雪が結構な量降ったくらいだから。

九大伊都キャンパス→大濠公園

 九大工学部前でバスを待っていたときに、高校時代の同級生に会った。彼女は現役で進学しているので、すでに2年後期の専攻教育に入っている。九大学研都市駅行のバスが出る2分前に、西鉄バス九大急行が発車するので、そちらに乗り込んでいった。

 いつもの14:12発のバスに乗り、西鉄バスの少し後をついて行って山を降りる。九大ビッグオレンジ前で数名乗せて20人弱の乗客となった後、学園通りに出て産学連携交流センターを通過したところで西鉄バスを追い越した。こちらのバスは太郎丸東交差点で南に曲がるので早々に車線変更をしただけであって、西鉄バスに対抗意識を燃やして先んじたわけではない。まあ、昭和バスのほうが走り方が若干フリーダムである点は認める。九大学研都市からの福岡空港行普通468Cは、いつもの福岡市交通局1000系第8編成。たまには2000系が当たらないかと期待しているが、この列車は1週間に1度も使っていないからなかなか遭遇しない。もう雪が降ることはなかったが、車窓の今津湾・玄界灘は波が高かった。14:55着の大濠公園で下車。

大濠公園→昭和通り→蔵本

 大濠公園駅では自販機の調査などを行い、15:05に4番出口から地上に出た。明治通りと昭和通りの分岐点である荒戸交差点の北側になる。昭和通りを歩くのは今回が初めて。通り沿いの公衆電話は一部が調査されているが、予想される数に比べて調査実数があまりにも少ないし、あるべきところにまだマッピングがされていないので、未確認の地点が数多いと見た。

 空港線の大濠公園~赤坂間に当たる区間の地上は、お店はさして多くなく、どちらかと言えば事務所が目立つ印象がある。そもそも明治通りの南側には福岡城跡の濠がぴったりくっついているので店が立ち並びようもないのだが。道幅は昭和通りのほうが広く、昔の福岡を知らない人に「昔は福岡市内に路面電車が走っていて、東西方向にも路線があった」とだけ言ったら、昭和通りの方に線路が敷かれていたと思う人がいるかも知れない。実際に西鉄福岡市内線・貫線が走っていたのはあまり広くなくてしょっちゅう渋滞している明治通りの方である。

  • 15:17 平和台通交差点

 僕は平和台野球場があった時代のことを知らない。昔は今よりも賑わっていたんだろうと思っている。平日の午後ということもあってか、通過する車はやたら多いが歩く人は少なく、少々寂しい気もする。

  • 15:27 法務局前交差点

 法務局前まで来ると通り沿いが賑わってくる。ここから南に下ると明治通りの赤坂交差点はすぐである。

  • 15:35 舞鶴2丁目交差点
  • 15:43 天神3丁目バス停

 このあたりで、中央警察署の警察官の方が2人組で巡回しているのを何組か見た。歳末警戒と違法駐停車のパトロールだろうか。僕みたいに不意に立ち止まってノートになにやら書き付けたり、携帯電話のカメラで公衆電話ボックスを撮ったりしていると非常に胡散臭く見えるので多少は気を使う。調査の仕方がさり気無くメモ、瞬撮して離脱と、ちょっとはスパイみたいに見えたら面白いよなあと思いつつも、行動的にはやたら目立っているのでスパイには程遠い。

  • 15:48 天神橋口交差点

 道中の中間地点である天神に到着。ちなみにここの交差点の名前は「てんじんばし‐ぐち」ではなく、「てんじん‐はしぐち」と言う。昔の町名でこのあたりを橋口町と呼んでいたらしい。いつもならここでウォーキングを終了してジュンク堂書店に立ち寄り、帰宅というルートになるが、今日はこのまま東に進む。歩く距離を稼ぐついでに、蔵本交差点まで昭和通沿いの公衆電話調査を終わらせることにする。帰宅する中高生が増えてきた中を、公衆電話を求めて通りを何度も渡る。大まかな電話種別なら遠目で確認できるが、細かい型番の識別をしたり、公衆整理番号を記録したりするためにはすぐそばまで寄らなければならない。

  • 16:05 中洲バス停

 昭和通りを渡る信号を求めて行きつ戻りつしながら道路両岸の調査を行ったため時間がかかり、目と鼻の先にある中洲にたどり着くまでに17分を要した。ここにある中洲バス停の周りには繁華街が――広がってはいない。近くにあるのはお堅いオフィスビルや消防会館なるものだけだ。普通の繁華街なら明治通りの東中洲バス停から川端町・博多座前バス停にかけての線から東側に広がる。夜の街的なものは先週述べたとおり、国体道路の辺りにある。街の実態にバス停名を合わせるなら、ここを「西中洲」か「中洲中島町」にした上で、東中洲を「中洲」にするとよさそう。ちょうど横を、下関行高速バスと筑豊(特急)福岡線の田川後藤寺行特急バスが相次いで客扱いをして出ていった。高速バスや特急・急行バスが停車する本数で行くなら、こちらが格上でもいいかもしれない。

  • 16:15 博多五町バス停
  • 16:30 蔵本交差点

 このあたりでも行きつ戻りつ、両岸の歩道を行き来しながら調査を続行。通常時天神から大博通りまで15分前後で歩くところを、約3倍の42分を掛けて蔵本交差点に到着。

蔵本→大博通り→博多駅

 ここから南東に折れて、大博通りを進む。この区間はすでに公衆電話の調査が行われているが、その時からすでに3年が経過しているため、電話機の取り替え状況やその他情報の追加のため、いずれ再調査を行いたい。

  • 16:36 呉服町交差点
  • 16:43 祇園町交差点
  • 16:55 博多駅博多口着

博多→天神→三国が丘

 博多駅ではこの冬休みに使う「青春18きっぷ」を購入。いつもは在来線中央口に近い大きなみどりの窓口できっぷを頼んでいるが、今日は白い指定席券売機を使って買ってみた。切符を買った後はすぐに地下鉄博多駅に行き、17:06発、筑前前原行普通487C(303系K01編成)に乗る。天神では手早く雑誌を買い、毎度乗っている福岡(天神)17:25発の柳川行普通1171列車(8000形8061編成)で帰宅。