カテゴリー別アーカイブ: バス

昭和バス九州大学線、九大伊都協奏館延伸(乗車編)

今日10月1日より、昭和バス九州大学線の路線が延伸され、九州大学伊都キャンパスの北東に今秋開かれた、外国人留学生向けの学生寄宿舎「伊都協奏館」までの系統が新設されました。既存の便のうち、九大工学部前発着だった下り1本・上り4本を延伸、九大総合グラウンド発着だった下り7本・上り4本の九大工学部前~九大総合グラウンド間を廃止して振り替え、上下8往復が設定されています。新設されたバス停は、桑原西・桑原公民館・桑原東・九大伊都協奏館の4箇所です。ルートは「九大学研都市駅~(横浜西・周船寺)~九大ビッグオレンジ前~九大工学部前~九大ビッグオレンジ前~九大伊都協奏館」で、伊都キャンパス構内に入る区間が複乗となっています。

今日は、九大伊都協奏館行の3便目となる、九大学研都市駅12:41発の周船寺経由の便に乗りました。

  • 路線:574系統(九大学研都市駅→北原→周船寺→九大工学部前→九大伊都協奏館)
  • 行先:周船寺・九大工学部前経由 九大伊都協奏館行
  • 行程:九大学研都市駅12:41→九大工学部前12:59~13:02→九大伊都協奏館13:09
九大伊都協奏館行のバス

九大伊都協奏館行のバス

到着したバスの行先は、正面が「周船寺 工学部前 / Harmony House 九大伊都協奏館」と表示されていました。他の既存の系統は2012年夏以降、必ず「Kyushu University 九大伊都キャンパス」と大きく表示されるようになっているのですが、協奏館系統は同じ所へ行くのに表示が異なっていて、初めて利用する人は少し迷うのではないかと思いました。

九大伊都協奏館行、LED行先表示側面

九大伊都協奏館行、LED行先表示側面

九大学研都市駅から九大工学部前までは、他の周船寺経由のバスと同じように走ります。そして九大工学部前到着の時点で、自分を除く乗客が皆下車してしまいました。バスは大学構内を少し西へ進み、砂利敷きの駐車場扱いで半ば放置されていた研究棟建設予定地に急遽造成された仮説転回場で折り返して、九大工学部前バス停(学研都市駅 / 協奏館方面)に戻ります。今まで九大学研都市駅行しか発着していなかったバス停に、全く違う方向に行くバスが交じるようになったので、運転士さんはドアを開ける前に「このバスは駅には行きません。協奏館行です」と繰り返し案内されていました。

工学部前ではそもそも2人しか待っていなかったのですんなり発車できましたが、次の九大ビッグオレンジ前では駅へ向かう学生がたくさん待っており、ドアを開ける前に案内をしてもなお乗りかけた人が数名いました。唯一にして路線の勝手知ったる乗客として、間違って乗り込んだ学生に「駅には行きませんよ」と声を掛けて運転士さんに協力したり……。初日というだけでなく、LED式の経由行先案内の表示があまり適切でない(方向幕と同じく、すでに通過してきた停留所の表示が出たままになっている)ことにも問題があったようです。

九大ビッグオレンジ前を発車すると左折して北に進み、桑原の集落へ入っていきます。こちらへは昔2本のバス路線がありましたが、集落を抜けて東へ行く路線は10年以上前に廃止、集落をかすめて糸島半島の北西部へ進む路線(今宿・野北線)は7年前に山を越えた「谷」までの区間が廃止されています。ほんの少しではありますが、数年ぶりの路線復活となりました。

今日乗った車両、前原営業所の1820は、運賃表にまだ新設区間の停留所情報が入っておらず、停留所自動放送の案内は流れましたが、運賃表は停留所名が無表示で、新規区間の運賃(整理券番号7・8番)だけが表示されていました。

九大伊都協奏館バス停

駅から30分、九大工学部前から8分ほどで終点の九大伊都協奏館に到着しました。おそらくこのバス停で下車した初めての乗客ではないかと自分で勝手に認定しました。

九大伊都協奏館バス停(拡大)

到着後、バスは回送で伊都キャンパスに戻り、しかも戻りのバスは10分前に出てしまっていて、次は15:02まで2時間近くありませんでしたので、伊都キャンパスまで20分ほど掛けて歩いて戻る羽目になりました。その道中で、途中新設バス停を見てきました。そのことは別の記事で紹介します。

しかし買い物不便な地の寄宿舎に至るバスが8往復だけというのはどうなんでしょう? 20分歩けば平日130往復走る基幹系統のバス停にたどり着けますが、桑原地区の方の便を図るためにも、1時間1本はあるといいなと考えた次第です。

小郡市コミュニティバス「七夕ふれあい号」乗車録(新顔ハイエース登場)

小郡市コミュニティバス「七夕ふれあい号」に、7月1日ダイヤ改正から4台目の新しい仲間が加わりました。

小郡市コミュニティバス・ハイエース

小郡市コミュニティバス・ハイエース。文化会館バス停にて


佐賀200 あ・232、13人乗りのトヨタ・ハイエースです。車両はほか3台(日野ポンチョ)と同じく小郡市が所有し、整備・運行業務はすべて西鉄バス佐賀株式会社の鳥栖支社に委託されています。そのため、福岡県内だけで営業運行するバスですが、佐賀ナンバーで登録されています。車内には西鉄バス標準の両替機付き運賃箱(レシップ製)、小郡市コミュニティバス共通の液晶式案内装置、交通系ICカードリーダーが搭載されています。また、車外に行先板(サボ)差し込み枠が2つあり、行先板を差して運転されています。

この車両は、現在のところ、7番「大保・文化会館ルート」(イオン連絡ルート)専従で運行されているようです。

乗車録

今日は、7月1日ダイヤ改正で新設された7番「大保・文化会館ルート」の様子を見るのと、小郡市立図書館が特別整理期間を終えて再開館し、その間に除籍した本などを市民に配布する催しが開かれているので底に参加するのを兼ねて、コミュニティバスに乗りに行きました。

3番 横隈・津古ルート 往路4便 あすてらす行:161(専用車・黄)

  • 三国が丘→イオン小郡ショッピングセンター15:42

まずは、家に近いバス停から横隈・津古ルートに乗ってイオン小郡ショッピングセンターへ向かいました。図書館だけの用事なら、文化会館まで乗りっぱなしでいいのですが、新路線に乗るために途中下車します。日によっては僕1人だけ貸切になる(=僕が乗らなければ無人)なこともある往路4便ですが、今日は僕以外に3人のお客さんがいました。大変良いことです。途中、東古賀で1人下車、ふれあい館三国で1人乗車があり、イオン小郡ショッピングセンターでは僕含め2人が下車しました。……しかし2人ともお店の方へは行きません、フシギデスネー(棒読み)

イオン小郡ショッピングセンターバス待機場

イオン小郡ショッピングセンター・バス待機場にて並ぶ、ハイエースと○鳥5313


イオン小郡ショッピングセンターのバス待機場には、これから僕が乗る文化会館行のハイエースと、イオン開店当初から運行され、7月30日で運行を終了する西鉄小郡駅行の無料シャトルバス(イオン九州運行・西鉄バス佐賀(株)鳥栖支社に委託)用の中型バス(○鳥5313)が待機していました。

文化会館行の1分前に西鉄小郡駅行が出て、こちらには僕と同じバスから降りた方とあと2人の方が乗車されて出ていきました。このお客さん方の話が耳に入ったのですが、小郡駅へ行けるバスがなくなることを大変残念がられていらっしゃいました。前雑記帖最後の記事として書いたのですが、イオン小郡ショッピングセンターと西鉄電車の駅を結ぶバス路線は重要なので、是非とも今の7番系統を改良して欲しいところです。

7番 大保・文化会館【イオン連絡】ルート 往路13便 文化会館行:232(ハイエース)

  • イオン小郡ショッピングセンター15:52→文化会館16:00

お目当ての大保・文化会館ルートに乗り、文化会館へ行きます。客は僕1人だけだろう……と思っていたら、直前にもう1人いらっしゃったので2人になりました。途中バス停での乗降はなし、時刻表通り、6分で文化会館に到着しました。

乗継券

小郡市コミュニティバス・乗継券


降車するときに乗継券(乗り継ぎ証明書)をもらいました。これがあると、1時間以内に他の系統に乗り継ぐ時に、別途運賃がいらなくなります。1時間以内で文化会館停留所での乗り継ぎ、およびイオン小郡ショッピングセンターでの乗降に限られるので注意が必要です。写真の乗継券はイオン小郡発のもので、もう1種類、他の系統から7番系統への乗継券もあります。さて、この乗継券は、乗客の申し出を受けると運転士さんが回数券袋から取り出し、日付と到着時刻を書いて発行する形になっています。今回は2人だけなのですぐに済みましたが、人数が多いと発行に手間が掛かりそうです。

4番 下岩田・乙隈ルート 三国が丘駅東口行:161(専用車・黄)

  • 文化会館16:25→三国が丘

1時間以内の乗り継ぎ時間を活かして、図書館の除籍リサイクル本を物色していくつか持ち帰りを決めて、三国が丘方面へ戻るバスに乗りました。今度も行きに三国が丘から乗ってきたのと同じ車両ですが、経由ルートが違います。4番「下岩田・乙隈ルート」といい、宝満川左岸地区へ大きく迂回して下岩田・松崎・干潟・乙隈地区を通って三国が丘へ至ります。

文化会館に来たバスには、既に6人の先客がいました。途中での需要は少ないのですが、三国が丘への直通需要があるのでこのくらい乗っているのは普通です。……今回はお客さんの目的地が過去の経験と違いましたが。小郡市役所で更に2人乗せ、一旦南に戻る形で下岩田を通り、松崎下町で3人、松崎で1人の下車があって北上していきます。そして、いつもは乗降共になく通過する干潟・乙隈地区で3人も下車がありました。この路線の真の目的地への利用があって嬉しい限りです。いつもいつも三国が丘直通のお客さんばかりでは、存在意義が失われてしまいますので……

そして最寄りバス停にて、乗継券を渡してバスを下車しました。

昭和バスイオン大和線、平日の運行休止

 九大学研都市駅と九大工学部前の間に、これでもかとバスを走らせている昭和バスであるが、路線バス事業の本拠地は佐賀県である。福岡県下の一般路線バスは2006年11月1日に淘汰されて、現在はマリノアシティ(小戸)線(姪浜駅南口~マリノアシティ福岡)、九州大学線(九大学研都市駅~九大工学部前)、西の浦線(九大学研都市駅~西の浦)、芥屋線(前原~芥屋)、船越・野北線(前原~船越、前原~野北~谷)だけとなり、残りの路線は廃止されるか、糸島市コミュニティバスに転換されるかした。

 さて、昭和バスでは12月21日に、イオン大和線のダイヤ改正を行った(らしい。Webサイトの「お知らせ」を見て知った。)路線データは以下のとおり。

  • 区間:佐賀駅バスセンター~イオンショッピングタウン大和:約5km
  • 所要時間:15分
  • 運行本数(2010年12月20日まで)
    • 平日:イオン方面に13本、佐賀方面に12本
    • 土日祝日:25往復
  • 運賃:300円(ペア乗車券は2枚綴りで450円、ファミリー乗車券は5枚綴りで1000円。利用に関する規制はないはず)

 この度の改正により、平日の全便が運行休止、土日祝日は2往復の減便(佐賀駅バスセンター20:30、21:30発およびイオンショッピングタウン大和20:47、21:47発の廃止)となった。平日にバスで向かう場合、最寄りバス停は昭和バス古湯・北山線、三反田線、中極線および東山田線、佐賀市営バス30番尼寺・金立線のグリコ乳業前バス停となる。全て合わせれば1時間に3~4本はあるので問題はない(のかな?)。

 イオンショッピングタウン大和は、2000年9月9日に開業した佐賀市近郊で最初の大型ショッピングモールである。その時からバスが運行されて賑わい、バスに乗る人の十数倍もの数の人が車で詰めかけ、大渋滞を引き起こしていた記憶がある。その後2003年3月21日に佐賀市南東部にモラージュ佐賀、2006年12月7日に佐賀駅から少し東側にゆめタウン佐賀が開業して、佐賀市近郊に3つも大型商業施設が林立する事態となった。初めは「共倒れするんじゃないか? この近さじゃ」と自分が住んでいるわけでもないのに(祖母と親戚はたくさんいる)勝手に心配していたが、現時点では競争しつつもそれぞれにお客さんが集まっているので何よりである。

 ちょっとした豆知識。これらの商業施設には、佐賀駅バスセンターから施設の中まで路線バスが通じているが、それぞれ運行会社が異なる。イオンショッピングタウン大和は上の通り昭和バス、モラージュ佐賀は祐徳バス、ゆめタウン佐賀は佐賀市営バスとなっている。ちなみに佐賀市内に乗り入れる最後の1社、西鉄バスはモラージュ佐賀の前に45番江見線のバス停が2009年4月1日に新設された。しかし、江見線はバス廃止対策協議会の廃止予定路線に上がっており、協議が廃止で妥結すれば寄人橋(よりうどばし・三養基郡みやき町)から佐賀第2合同庁舎までの約13kmはなくなってしまう。

帰宅日記(極超短縮版その3・昭和バス九州大学線)

 今日の帰りに乗った昭和バス九州大学線のバスが驚異的だったので、その区間だけ。20:00にOz君、Nk君と3人で鉄研の部室を出発。Nk君とはすぐに別れて、おなじみコンビになっている感のあるOz君と共に山の上・九大工学部前バス停へ行く。20:10発の周船寺経由九大学研都市駅行のバスが駆け込み客を何人も回収して2分ほど遅れて出発。僕達2人はそのバスを見送って、悠々と乗り場に並ぶ。すぐに20:15発のバスが横付けされる。このバスも先発車と同じ、周船寺経由の九大学研都市駅行。10人ほどが乗り込み、発車。次の九大ビッグオレンジ前でも数名を乗せ、ディーゼルエンジンを思い切り吹き上げて出発。担当の運転士氏のクセであるようだ。エンジン音は派手だが急加速するわけではない。法定速度の50km/hで快調に走り、途中バス停での乗降もあまりなく、前のバスが遅れていたせいもあってか、九大学研都市駅の手前で先発車に追いついてしまった。20:28着。九大工学部前出発が若干遅かったこともあったので、運転時分は史上最速の12分。一般に所要時間が短い横浜西経由でかつて体験した最速走行をさらに上回る速さでの到着だった。

 九大学研都市より先の行程は以下の通り。

  • 九大学研都市20:36―(664C 303系K02編成)―天神20:59
  • 福岡(天神)21:16―(J211列車 3000形3113編成+3108編成+3105編成)―三国が丘21:45

西鉄2000形乗り納め後、市立図書館経由で帰宅・鳥栖プレミアムアウトレット線にバス停追加

 別記事のとおり、2000形2021編成の乗り納めを小郡で終えたあと、駅前を歩いていると、バス停のところにこのような掲示を発見した。

f:id:aotake91:20101016155000j:image:right

18日のダイヤ改正で、これまで西鉄小郡駅から弥生が丘駅入口までノンストップ直行だった鳥栖プレミアムアウトレット方面の路線に、幡崎バス停と姫方バス停が追加されるとのこと。2009年10月1日改正で鳥栖市内の西鉄バス路線が再編され、8番系統の西鉄小郡駅方面が廃止されて以来、1年振りに途中バス停から利用出来るようになった。姫方バス停は後継路線の経路変更で、バス停そのものが道路のバスカットを残して消滅していた。せっかく整備したのに遊んでいた施設が、再び活用されるのは嬉しい。個人的な欲をいえば、8番系統時代にあった小郡市内の「西鉄小郡駅入口」「中小郡」「下小郡」「日恵寺」も復活してくれないだろうか。後者2つはバス停が現存しているので、九州運輸局への申請だけで大丈夫そう。特に「下小郡」のあたりは、病院やらちょっとした店やらが集まっているから、需要がありそう。

 それから小郡市立図書館に歩いて行き、1時間ほど滞在した。今日も相変わらず盛況である。本を読みに来てくれる子どもが多いのは実に喜ばしい。帰りは小郡市コミュニティバスを使って三国が丘に戻った。17:10に文化会館を出発。すでに3人の乗客があり、乗車は僕1人。

  • 小郡市コミュニティバス 東野・美鈴が丘ルート利用区間調査
    • (文化会館以南)‐西鉄小郡駅:1人
    • (文化会館以南)‐大保原:1人
    • (文化会館以南)‐中隈:1人
    • 西鉄小郡駅‐美鈴が丘第4:1人
    • 西鉄小郡駅‐上田町堤:1人

 今日は上田町堤から、はるばる美しが丘南まで遠回りして終点の三国が丘まで、完全に僕1人の貸切だった。広い車でしかも、プロの運転士が運転してくれるとは、実に素晴らしい贅沢だ。

市立図書館へ(by コミュニティバス)

 今日はいつもどおりの土曜日進行。昼ごろ家族の買い物にくっついて行き、午後から市立図書館に行った。午後から雨が降るかもしれないと朝の天気予報に出ていた気がするので、久しぶりにコミュニティバスに乗った。例によって乗車人員調査を行う。

  • 小郡市コミュニティバス横隈・津古ルート:三国が丘6丁目14:40→文化会館14:59
    • (三国が丘6丁目以北):1人
    • 三国が丘6丁目:1人乗車(自分)
    • 如意輪寺:1人乗車
    • ふれあい館三国:1人乗車
    • 三国小学校東:2人乗車
    • 文化会館:3人下車(自分、三国小学校東からの2人)

文化会館で一緒に降りた老夫婦は、僕が前回このルートに乗った8月17日にも見かけた気がする。

 今日も1時間半ほど滞在し、前回からの延長借り出し1冊を含めて、計9冊を借りた。今回はライトノベル(っぽい)のは2冊だけ、厚めのハードカバーが3冊、レポート用資料2冊、新書2冊。さらに雑誌ブラウジングコーナーで色々と読む。帰りは西鉄天神大牟田線を使って帰り、そのついでに小郡駅で通学定期券を購入。ここの発売窓口は電車定期券しか発券できないものの、年中無休で7時30分から19時まで定期券を購入できる。元旦も開いているのは実はここだけ。(福岡定期券発売所でさえ、1月1日は休みになる)というのも、発売窓口が駅売店を兼ねているため。売店の人が定期券発行機も扱う。まあ、通勤定期券と年度内の継続通学定期券はいつでも多機能自動券売機で買えるので大声で吹聴するほどの意味もないけれど。

f:id:aotake91:20101002165600j:image:right

f:id:aotake91:20101002165700j:image:right

 小郡駅構内に、ATS地上子が増設されているのを確認したので、そちらの詳細は今日の別記事に。さらに、ホームに車掌氏が編成停止位置を確認するための、両数表示ペイントがされているのを発見した。写真は下図。上側が4番乗り場の6両ペイント、下側が3番乗り場の4・5両ペイント。正しく停車したときに、最後部乗務員室がこのペイントの前に来るようになっている。

 小郡からはJ170列車(3000形3009編成・昨日の朝乗ったのと同じ)に乗り、三国が丘で下車、帰宅。

カメラ修理完成・エコルカード9月分と夏休みの最終日

 今日はエコルカードの9月分が切れる日。4,000円近く西鉄バスに寄付するのもさすがにもったいないので、最後に多少は使うことにする。といいつつ、どこに出かけようかボケッと考えているうちに昼を過ぎてしまった。昼食を摂ってそろそろ出かけようと考えていると、14:20頃にキヤノンサービスセンターから電話があり、カメラの修理ができたとのこと。僕は喜び勇んで、年休で帰ってきた父親と入れ替わりに出発。

  • 三国が丘14:51―(2140レ 6050形6055編成)―二日市15:06|15:09―(A140レ 8000形8021編成)―薬院15:19
  • 薬院駅前15:23――駅前四丁目15:31―(徒歩)―キヤノンサービスセンター

 薬院まで列車に乗り、そこから駅前四丁目までバス。さらに徒歩10分ほどでサービスセンター到着。修理代金は修理料4,000円と部品代200円+税。壊れていた場所は綺麗に直り、さらに家に帰ってから調べると、購入時から汚れたまま放置していた電池室のフタの接点部まで磨いていただいていた。誠にありがたい。

 ここから元来た道を戻り、博多駅前4丁目交差点から柳橋交差点まで、公衆電話を調査しながら歩く。数奇者たちによりマッピングが進められているが、まだまだ未調査地域の方が多い。柳橋のバス停から天神南バス停までバスに乗り、さらに歩いて天神西通りのカメラのキタムラへ。製造終了した富士フイルムのカラーリバーサルフィルム「トレビ100C」の6本セットがまだあったので購入。ちなみにセットはあと2本、バラは24枚撮り、36枚撮りを合わせて20本ほど。

 最後に、日曜日に試験運営事務のアルバイトを行う福岡女学院大学へのルートを下見に行った。

  • 福岡(天神)17:06―(G171レ 5000形7両)―大橋17:12|17:14―(4171レ 5000形4両)―井尻17:16
  • 井尻駅前17:23―(45-1 徳洲会病院・福岡女学院経由雑餉隈営業所)―放送所前17:44

 特に時間を調べずに井尻に向かったが、ちょうど井尻始発のバスが数分で来たのでよかった。放送所前バス停は福岡女学院への入口にあり、平日のバスは福岡女学院バス停まで横道にそれて客扱いをしてから放送所前に来る。わざわざそこまで行った理由は、日曜日のバスが福岡女学院に寄らないため。すぐ道路対岸のバス停に行き、次のバスを待つ。大橋駅・井尻駅・博多駅方面のバスが発着するバス停には、福岡女学院大学の学生に対して12:00〜18:00はここのバス停から乗るのを自粛するように大学側から張り紙が出ていた。そうしないとみんなこちらに流れてきてひどいことになりそうだ。

  • 放送所前17:58―(45 福岡女学院・井尻駅前経由博多駅交通センター)―博多駅交通センター18:56

 帰りは博多駅まで行ってみることにする。やってきたバス唯一の乗客と入れ替わりに、僕とあともう1人乗る。出発後すぐに左に折れ、福岡女学院に立ち寄る。学生を10人ほど乗せて発車。元の道に戻るのだが、春日中前交差点を曲がるためには若干右に振らないといけないほどに余裕がなく、しかも右側は右折車が塞いでいる。ここで曲がるのに3分。井尻駅前で踏切を渡るのに5分近くを要した。笹原駅入口から諸岡四角まで、こんなところを通るのかと言いたくなるほどの狭い道を走る。筑紫通りに出てからは快調に走り、さらに各バス停約3人ずつのお客さんを集めて満員に。博多駅筑紫口で一斉に降りて、交通センターに18:56到着。

  • 博多駅交通センター18:59―(100 都心循環内回り)―天神コア前19:20
  • 福岡(天神)19:30―(A193レ 5000形7両)―二日市19:44|19:47―(2191レ 5000形4両)―三国が丘19:59

 エコルカードの今月分を最後に飾ろうと甘木行400番に乗ろうと思ったのだが、次の発車は19:20。ちょっと遅いので諦めて帰宅。

決算

  • 前回までの残り:3,980円
  • 今日の利用額:830円
    • 薬院駅前→駅前四丁目:100円
    • 柳橋→天神南:100円
    • 井尻駅前→放送所前:160円
    • 放送所前→博多駅交通センター:370円
    • 博多駅交通センター→天神コア前:100円
  • 残額(西鉄バスへの寄付総額):3,150円

 世のエコルカード使いたちに成り代わって、微力ながら収入に貢献させていただく。感謝状くれないかなあ。結局使わなかったが、エコルカードがなければ用もなく赤間営業所まで往復したり、家からなら自転車で行くほうがはるかに早い場所まで、鳥栖ローカル17番筑紫野線に乗って完乗達成することもなかった訳で。バス乗りつぶしのハードルが下がったという点では効果があったかもしれない。次回こそエコルカードかホリデーアクトパスで会社が潰れるほど乗ってやる。