「太宰府観光列車『旅人』」8000形8051編成運用終了に寄せて

本日、「太宰府観光列車『旅人』」の引継式が行われました。2014年3月22日ダイヤ改正以来、3年半にわたりその任についていた8000形8051編成から、2代目車両の3000形3010編成に交代することになります。
RKBラジオ等、地元メディアにおける話では、8000形8051編成は今日引退とはならず、別途引退式が検討されているとのことです。

西鉄8000形は、1989年(平成元年)の登場以来、28年にわたり一貫して特急運用に充当されてきました。西鉄の歴代の特急車両は、おおむね15年前後で代替わりし、格下げ改造を経て急行・普通列車用車両として20年ほど活躍する流れがあった中で、その2倍の期間を第一線で活躍し続けていました。活躍期間が長かったこと、土曜・休日ダイヤでは1日で1,000km近くも走行キロが積み上がる過酷な運用があったこともあってか、先代の特急車2000形のすぐ後を追うように運用離脱が始まり、今日をもって全車両が一旦その任を退くことになりました。
「赤い特急電車」として長く慣れ親しんだ車両が去りゆくことは大変惜しいことではありますが、今までの活躍を思えば、もう十分に走り切ったのではないかとも思えます。引退がどのような形になるかはまだわかりませんが、もし最後に今一度本線を走る機会がありましたら、万難を排して駆けつけたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。