月別アーカイブ: 2017年2月

西鉄車両運用レポート(2017/02/28・平日ダイヤ)

※下記で用いている「○○運用」という識別記号は独自のものです。併結編成の表記は、右側を大牟田方としています。

日中特急運用(全5運用)

本日の特急運用には、3000形2両編成×3による6両編成が2本組成されて充当されていました。

列車番号 運用 編成 備考
A160列車 A01 3000形3103編成+3108編成+3114編成
4155列車 A02 3000形3006編成+3016編成
A162列車 A03 8000形8061編成
A152列車 A04 3000形3018編成+3001編成
4165列車 A05 3000形3120編成+3104編成+3113編成

日中急行運用(全7運用)

本日は、「花02」運用が5000形6両編成による代走となっています。また、「小03」運用について、午後に運用差替が実施されました。
当該運用の差替前編成は、J153列車、16:15筑紫での確認時点で既に入庫済みであり、筑紫車両基地構内で入換作業を実施していました。

花畑系統

列車番号 運用 編成 備考
G161列車 花01 3000形3012編成
G162列車 花02 5000形5116編成+5115編成
4161列車 花03 3000形3011編成
G160列車 花04 3000形3105編成+3007編成

小郡系統

列車番号 運用 編成 備考
J161列車 小01 3000形3010編成
J160列車 小02 5000形5101編成+5103編成
J111列車 小03 3000形3119編成+3002編成
J153列車 小03 5000形5120編成+5119編成 運用差替

太宰府線運用(特記3運用)

列車番号 運用 編成 備考
601
L091列車 「旅人」 8000形8051編成
603

日中普通列車運用(北部区間)

筑紫・二日市系統(全6運用)

列車番号 運用 編成 備考
451
4113列車 452 6000形6001編成
4121列車 453 5000形5008編成
5111列車 454 5000形5137編成
4163列車 455 5000形5138編成
456

大善寺系統(全7運用)

列車番号 運用 編成 備考
2152列車 201 5000形5032編成
2160列車 202 6000形6005編成
2162列車 203 6000形6006編成
2153列車 204 6000形6004編成
2161列車 205 5000形5033編成
2163列車 206 6050形6052編成
2150列車 207 5000形5006編成

その他運用

  • A161列車:5000形5131編成+5102編成
  • A163列車:5000形5007編成+5125編成
  • G163列車:6000形6703編成+6702編成
  • A171列車:5000形5139編成+5127編成
  • G171列車:5000形5124編成+5122編成
  • 4166列車(折り返しA173列車):5000形5034編成+5104編成
  • 4168列車(折り返し4175列車):5000形5118編成+5117編成
  • 4460列車(折り返しG175列車):6050形6051編成+6157編成
  • 4170列車(折り返し5171列車):5000形5005編成
  • 4172列車(折り返しA181列車):6000形6001編成+6701編成
  • 4176列車(折り返しG181列車):5000形5114編成+5112編成
  • 4178列車(折り返し2183列車):5000形5035編成
  • 4470列車(折り返し4183列車):6050形6053編成
  • 4472列車(折り返しG185列車):5000形5126編成+5129編成

試運転

本日、試運転列車の目撃情報がありました。当方では、筑紫車両基地構内にて入換作業を実施しているのを確認しました。

  • A941列車~A950列車:3000形3009編成(全般検査出場)

西鉄車両運用レポート(2017/02/15・平日ダイヤ)

※下記で用いている「○○運用」という識別記号は独自のものです。併結編成の表記は、右側を大牟田方としています。

本日は、所定の車両形式とは異なる代走が多数発生していました。

日中特急運用(全5運用)

日中特急運用には、3000形2両編成3組による6両編成が2本投入されていました。また、5000形7両編成も運用に就いていました。5000形が6両編成で代走充当されることはよくありますが、7両編成による代走が、イベント等のない平日に発生することは稀です。

列車番号 運用 編成 備考
A101列車 A01 3000形3104編成+3113編成+3105編成
A111列車 A02 5000形5131編成+5102編成 7両編成
A103列車 A03 8000形8061編成
A102列車 A04 3000形3007編成+3002編成
A113列車 A05 3000形3103編成+3108編成+3114編成

日中急行運用(全7運用)

日中急行運用は、花畑系統で5000形7両編成1本、3000形6両編成1本が代走充当されています。また、小郡系統には、恒常的に代走となっている「小02」運用に加え、「小03」運用にも5000形6両編成が充当されていました。

花畑系統

列車番号 運用 編成 備考
G101列車 花01 5000形5113編成+5032編成 7両編成
G102列車 花02 3000形3018編成+3001編成 6両編成
G103列車 花03 3000形3120編成+3006編成
G111列車 花04 3000形3119編成+3016編成

小郡系統

列車番号 運用 編成 備考
3091列車 小01 3000形3012編成 『おお貴族』ラッピング
3111列車 小02 5000形5120編成+5119編成
J102列車 小03 5000形5116編成+5117編成

太宰府線運用(特記3運用)

列車番号 運用 編成 備考
601
6111列車 「旅人」 8000形8051編成
6121列車 603 7000形7101編成+7103編成

日中普通列車運用(北部区間)

筑紫・二日市系統(全6運用)

列車番号 運用 編成 備考
5131列車 451 7000形7102編成+7106編成
4103列車 452 6000形6004編成
4114列車 453 5000形5005編成
5111列車 454 5000形5137編成
4112列車 455 5000形5010編成
4116列車 456 5000形5007編成

大善寺系統(全7運用)

列車番号 運用 編成 備考
2103列車 201 6050形6051編成
2092列車 202 5000形5008編成
2094列車 203 6050形6053編成
2100列車 204 6000形6002編成
2123列車 205 6000形6006編成
2093列車 206 6000形6001編成
2101列車 207 5000形5033編成

その他運用

教習車

本日、3000形3010編成で日中午前、午後にわたり、教習列車が運転されています。運転区間の北限は二日市でした。南限は小郡と推定しています。教習車は各駅に停車する普通列車型での運転で、二日市・筑紫における列車選別表示は「普通」でした。

朝ラッシュ時運用

  • A092列車:6050形6052編成+6000形6703編成
  • 4101列車:5000形5128編成+5138編成
  • A100列車:5000形5124編成+5122編成
  • 4105列車:5000形5112編成+5035編成
  • 4107列車:6000形6003編成+6050形6156編成
  • 6112列車:5000形5101編成+5111編成

病気療養について

ご無沙汰しております。青竹です。

twitterをご覧の方はすでにご存知かと思いますが、私、青竹は病気療養のため、2月9日から3月末まで休職することとしました。昨2月13日からは福岡・小郡の実家に戻っております。

病名は「適応障害」です。休職するに至った理由は、これまでの自分が学んできたことと全く関わりのない仕事をする中で、昔から持っていた「他者とのコミュニケーションがあまり得意ではない」という特性が良くない方向に作用したことにあります。職場で関わるべき人と十分にコミュニケーションが取れなかった結果、仕事をこなしていくことができなくなりました。

自分が今までしていた仕事の内容は、営業職です。現在勤めている会社の方針により、私はじめ今年の技術系採用で自分と同じ部門に配属された同期は、初年度は営業部に配属され、先輩について営業がどのような仕事をしているか、また、営業の立場から会社や客先を見て学ぶことになりました。
しかしながら、営業部門は慢性的な人手不足であることから、次第に通常の営業担当の対外業務も任されるようになりました。ここで、直属の先輩や上司とうまくコミュニケーションを取りながら進められれば良かったのかもしれませんが、自分からはそれがうまくできず、また、直属の先輩も多忙であり、十分に指導を受けられませんでした。

12月から適応障害の病状が出始め、精神科で不安症状を改善する薬をもらって飲みつつ、2か月は仕事を続けてきましたが、残念ながら症状が悪化しました。主治医より「一度仕事から完全に離れて、精神を立て直す方が良い」と診断を受け、その結果を受けた産業医や上司、人事からも「療養が第一、今のうちにゆっくり休んで治して会社復帰してほしい」との指示があったため、休職を決めました。
なお、次年度は当初予定通り、自分を含む技術系採用の新入社員は技術部門に配属されることになるとのことでした。

休職期間中のうち、有給休暇の期間中は給与を受けられ、無給となる欠勤期間も給与の3分の2の額が健康保険から後日支給されます。また、実家療養のため、経済的心配が無いのは救いです。

療養にあたっては、規則正しい生活、および、散歩外出が肝要であるとのことなので、散歩のついでに、西鉄の車両運用調査を行おうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。