独居日記(または半月遅れた6周年の記)

ご無沙汰しております。去る6月10日に、先代の「青竹雑記帖」開設から6周年を迎えました。当日に挨拶ができなかったのは、ちょうどその日の夜に夜行高速バス「はかた号」に乗って福岡へ帰っていたからです。どうぞご勘弁ください。

“雑記帖”を名乗っておきながら、先代の雑記帖と違って西鉄の運用調査以外のことをほとんど書かないままになってしまっています。
最近、ようやく定時後に暇な時間がたっぷりできましたので、関東に引っ越してからのさまざまな出来事を、日付をさかのぼって書いていこうと思います。

仕事のほうは、当分の間実習研修が続いています。つい半月前までは実習レポートに頭を悩ませ、文章執筆能力の大半をそちらに割いていました。今は日報形式で簡潔に記録するだけで済むので、だいぶ楽になっています。

毎日の暮らしの方も、すっかり軌道に乗りました。平日は、朝食としてパンとスープなり味噌汁なりを食べて出社しています。定時後は、月曜から木曜は寮に直帰して寮の夕食を食べて、その前後に洗濯したり風呂に入ったりしています。そして寝る前に電気ケトルでお湯を沸かして麦茶をつくり、就寝します。
……と書いて、洗濯と入浴と麦茶作り以外は基本的にやることが無いのに、大学時代のように平日やたらと夜更かししているのはなぜだろうとふと考えました。思い返してみると、だいたいパソコンにのんべんだらりと向かっていたり、眠気を感じて横になってそのまま3時間も4時間も寝てしまったりと、かなり時間を浪費している気がしました。道理で読書がはかどらない訳です。先日やっと行った、横浜市鶴見図書館から借りてきた本が積まれたままというのがその証左です。
金曜夜は、同期との飲み会や食事会に参加しています。週末の開放感と、参加メンバーが同期という気安さもあって、楽しく安らげるひとときです。

週末は、洗濯をして、Yシャツをクリーニングに出した後はふらりと出かけることが多いです。実家にいた頃はひたすら家に引きこもることも珍しくありませんでしたが、寮だと外に出ないと飢えてしまう(←過言)ので、それで外出が習慣づいた面もあります。大学鉄研の同期や後輩で、自分と同じく関東で働いている面々と出かけたりすることもあります。出かけない時は、部屋に在庫として積んであるうどんなどの乾麺をゆでて食べたりしています。寮にはガスコンロがありますが、寮生が使える調理スペースが基本的に無いことと、衛生の観点から生の食材を調理することはためらわれるので、せいぜい湯を沸かす程度にしか使いません。麺をゆでる程度のことすら、している人は一握りではないかと思われます。

つらつらと日々のことを書いてみました。もう間もなく、引っ越しから3か月が経ちます。目下の課題は、余裕ある時間をいかに有意義に使うか、ということです。趣味の方にはもう十二分に時間を割いて気ままにやって来ていますので、このあたりで何かを学ぼうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。